トレンド

三浦瑠麗の炎上まとめ。嫌われる理由は何?

三浦瑠麗

画像引用)https://www.instagram.com/p/CL0_ADPHOje/

国際政治学者であり、テレビのコメンテーターなどでも活躍している三浦瑠麗さん。
たびたび発言が話題になることが多いですよね。

そんな三浦瑠麗さん、炎上することが多いのですがいったいなぜなのでしょうか?
さらに嫌われている、という情報もあり気になります。

そこで三浦瑠麗さんのこれまでの炎上まとめ、嫌われてしまう理由は何なのかについて調べてみました!

三浦瑠麗の炎上 まとめ

三浦瑠麗さん、たびたびテレビに出演されていますよね!
はっきりと意見を述べ、さらにプライベートでは1児の母。
そんな姿に「かっこいい!」と感じる方も多いでしょう。

しかしこれまで、たびたび発言が炎上してしまうことがありました。
一つずつまとめてみたいと思います。

①ヒマな医療発言で炎上

三浦瑠麗さんといえばフジテレビ「とくダネ!」の番組コメンテーターを務めていますよね。

その番組内ではっきりと意見を述べる姿勢が印象的なのですが、12月29日放送の番組内で「いまヒマな医療もあるわけですよね」「そこからもう少し移行するとか、もう少し柔軟な運用をしていかないと…」と発言し炎上しました。

12月29日時点で、東京の当日使用できるな新型コロナ病床使用率が95~97%だと紹介され、三浦瑠麗さんは「人員がベッド数に対して足りていない」ことを指摘しました。

そこで「ヒマな医療」があると発言したことに対し視聴者の方が反応。
この発言で三浦瑠麗さんが医療従事者を敵に回したとまで言われてしまったのです。

②北朝鮮のテロリスト分子が日韓に潜んでいる

2018年2月にフジテレビ「ワイドナショー」に出演した三浦瑠麗さん。

この時に「北朝鮮のテロリスト分子が日韓に潜んでいる」「大阪は危ない」と発言し炎上しました。

この日の話題は平昌オリンピック開幕だったのですが、オリンピックが政治外交の舞台になっているということでトークが盛り上がっていました。

そこで三浦瑠麗さんは「 北朝鮮のテロリスト分子が日韓に潜んでいる」「ソウルでも東京でも、大阪が一番危ない」と発言し、これが「いざと言うときに最後のバックアップ」とも語っていました。

Twitterでは「根拠がない」「在日の方への差別」と批判が相次ぎ炎上する騒ぎとなりました。

③経済を回せ

とにかく新型コロナウイルスが流行してからは、経済と医療、命が天秤にかけられることが増えましたね。

その中で三浦瑠麗さんは、どちらかといえば経済第一主義で「経済VS命ではなく、命VS命。コロナで死ぬ命と、経済で死ぬ命は等価なんです」と発言をしています。

もちろん経済が止まることも大問題ですが、あまりにも経済寄りのコメントが多いということで炎上することも多いです。

こうした発言が炎上することも多く、よく三浦瑠麗さんの発言がメディアで取り上げられることも増えましたね。

嫌われる理由は何?

可愛い、綺麗とネット上で話題になることも多い三浦瑠麗さんですが、中には嫌いといった声も相次いでいます。

いったいなぜ嫌いという声が挙がってしまうのでしょうか・・・?

①話し方

三浦瑠麗さんの口調はわりと独特ですよね。
上から目線で回りくどい言い方をするという方も多く、話し方や話しの進め方に疑問を感じる方も多いです。

確かに頭がいいのは分かるのですが、話が長く何を言っているか分からないという声もありました。
確かに新型コロナウイルスに関しては三浦瑠麗さんは専門家ではないので、長く話し込まないでほしいという声がありました。

コメンテーターとして番組に出演しているので、専門家ではないから何も言えないというのも難しいですよね。

三浦瑠麗さんに関して話し方が嫌いという方も多かったのですが、逆に

話し方が好きだという方もたくさんいました。

これに関しては個人の受け取り方によるのかもしれませんね。

②わざと炎上?

三浦瑠麗さんがこれまでたびたび炎上していることはご紹介したのですが、「わざとやっているのでは?」という声も見かけました。

世の中、ブログやTwitterの発言がたびたび炎上してしまう方ってたくさんいるのですが、そのたびに「わざと?」と言われてしまう傾向にありますよね。

三浦瑠麗さんに関してもわざと炎上させて注目を集めている、政権が絡んでいるのではという声がありました。

確かに何度も炎上が続いてしまうとわざとなのかなと感じることがあるかもしれません。
しかし三浦瑠麗さんの場合はコメンテーターとしてあらゆる番組に起用されており、はっきりとした意見を求められる立場にあります。

炎上することを気にしていたら、言いたいことが何も言えなくなってしまうのかもしれません・・・。
ここはとても難しいところですよね。

アマゾンプライム解約運動とは?

三浦瑠麗さんの炎上の中でも有名なのが「アマゾンプライム解約運動」です。

アマゾンプライムビデオのCMに出演した 三浦瑠麗さん。
しかし起用したことがネット上で批判を浴び、なんとアマゾンプライムビデオ自体を解約するという「解約運動」が起きてしまったのです。

アマゾンプライムビデオというと、松本人志さんやきゃりーぱみゅぱみゅさんなど、あらゆる芸能人の方が出演していますよね。

そこに三浦瑠麗さんも出演したわけですが、Twitterに「#Amazonプライム解約運動」なるハッシュタグまで出現しCMは放送されなくなってしまったのです。

その理由としては、三浦瑠麗さんが「テレビ番組や新聞等で徴兵制導入を主張したから」と言われています。

三浦瑠麗さんは2014年に「日本に平和のための徴兵制を」という記事を出しており、こういう発言をする方をCMに起用することに疑問の声があがったんですね。

厳しい意見が相次いでいるのですが、実際にアマゾンプライムビデオを契約していて解約した方も増えたと言います。

三浦瑠麗さんの起用についてはしっかりと考慮したほうがいいとも言われていて、これによってさらに三浦瑠麗さんの名前が有名になったといってもいいでしょう。

三浦瑠麗 プロフィール

では改めて三浦瑠麗さんのプロフィールを見ておきましょう。

名前・三浦 瑠麗(みうらるり)
生年月日・1980年10月3日 現在40歳
出身地・神奈川県茅ケ崎市
学歴・平塚市立金旭中学校、神奈川県立湘南高等学校、東京大学理科一類卒業

三浦瑠麗さんは2001年に東京大学の農学部生物環境科学課程・地域環境工学専修へ進学。
2004年4月から東京大学大学院公共政策学教育部(公共政策大学院)専門修士課程へ進学し、2010年にで東京大学大学院法学政治学研究科総合法政専攻博士課程を修了しました。

その後は東京大学政策ビジョン研究センター安全保障研究ユニット特任研究員などの研究員を歴任し、現在は日本の国際政治学者としてメディアなどに出演。

一方で個人事務所、株式会社山猫総合研究所を経営し代表も務めています。

経歴を見ると改めてすごいな~と感じますよね!

一方でプライベートでは2003年に東京大学の先輩の三浦清志さんと結婚し、女の子を出産。
才色兼備でお子さんもいて、本当に羨ましくなりますよね。
しかしとても悲しい経験をされていることが分かりました。

実は現在のお子さんを産む前にもう一人女の子を身ごもっていたのですが、残念ながら亡くなった状態で生まれて来てしまったとのこと。

今までで一番辛かった経験についても、「最初の子供が亡くなったとき」と答えていました。

さらに14歳のときに性被害に遭っていたことも告白されています。
学校の帰りに殺風景な新幹線の高架下で性被害に遭い、とても辛い経験をされていたことを明かしていました。

いつも元気で頭もよくて綺麗ですごいな~と三浦瑠麗さんのことを感じている方も多いことでしょう。

しかしこんなにも辛い経験を乗り越えて今活躍されているんですね。

働くママとして育児と仕事を両立されていることも本当に素晴らしいですし、これからも女性の声をどんどん世間に伝えて行って欲しいなと感じます。

まとめ

以上、三浦瑠麗さんについて詳しく調べてみました。

炎上したりアマゾンプライムビデオ解約運動などがあった三浦瑠麗さんですが、これまで辛い経験を乗り越えて今活躍されていることが分かりました!

強くて頭のいい女性といったイメージが強く、テレビでも大活躍されていますよね。
これからもさまざまな意見を伝え、いろんなことを私たちに教えてほしいですね!