元AKB48のエースとして活躍し、現在も女優として大活躍中の大島優子さん。

そんな大島優子さんですが、実はAKB48加入以前子役として活躍されていたことをご存知でしょうか?
さらに見た目ではあまり分からないかもしれませんが、実はハーフだったことも判明!

そこで大島優子さんの子役時代やこれまでの出演ドラマ、さらにハーフの噂についてまで詳しく調べてみました!

画像引用)https://www.instagram.com/p/CPfMPyKATfN/

大島優子は子役だった?

大島優子さんといえば、やはりAKB48でのアイドル時代が記憶に新しいですよね!
総選挙ではいつも上位で、センターポジションを争うほどの人気ぶりでした。

そんな大島優子さんですが、実はその前から子役として芸能界で活躍していたのです!

大島優子さんは1988年に生まれ、1996年、つまり8歳の頃から「セントラル子供劇団」に所属し芸能活動をスタートしていました。

その時のお写真がこちらです。

今と変わらずとてもかわいいですよね~!
これは子役として活動できるほどの美貌です!

芸能界に入るきっかけはお母様の勧めだったとか。
きっと大島優子さんのかわいさもあり、芸能界という道をお母様が切り開いてくれたのでしょう。

当時のお写真を見ても、今と変わっておらず大島優子さんだとすぐに分かりますよね!

当時から大島優子さんのファンだった方も多く、そんな大島優子さんがAKB48に加入されたことでとても驚いたのではないでしょうか。

大島優子さんは1996年から劇団に所属し、積極的にドラマや映画に子役として出演していました。

2000年からは子役としてだけでなく「ジュニアアイドル」として活動し、2005年にはTHE ALFEEの高見沢俊彦さんがサウンド・プロデュースした総勢25人のジュニアアイドルユニット「Doll’s Vox」にも参加していました!

そんな中、2006年にAKB48の存在を知り「第二期AKB48追加メンバーオーディション」に参加。

見事合格し、2006年4月よりAKB48のチームKで活動をスタートします。
すると瞬く間に人気となり、AKB48選抜総選挙では2回も1位を獲得するなど、AKB48では欠かせない存在になりました。

2014年6月をもってAKB48を卒業し、その後は女優業を中心に今も芸能界で大活躍されています。

なので大島優子さんのキャリアはもう20年以上!
芸能界ではすでにベテランの域に達しているんですね!

出演ドラマは?

では子役時代から大島優子さんが出演していたドラマを見ていきましょう。

・1997年 ドラマ「バージンロード」 桜井和美(幼少期) 役

和久井映見さんと反町隆史さんが出演した、大ヒットドラマ。
和久井映見さんの幼少期時代を演じていたのは、大島優子さんなんです。

このドラマの主題歌は、安室奈美恵さんの「CAN YOU CELEBRATE?」。
この歌は今でも大島優子さんの心の中にある、大切な一曲だと言います。

・2001年 ドラマ「アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店〜 第4話」 大林加代子 役

滝沢秀明さんが主演し大ヒットとなった アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店。
こちらにも大島優子さんは出演していたんですよ~!

ケーキが大好きな少女役で、当時からかわいい!とかなり話題になっていましたね。

・2008年 ドラマ「弁護士 一之瀬凛子」シリーズ 大屋恵 役

そしてAKB48に所属してからも、女優としての活動は引き続き行っていた大島優子さん。

弁護士 一之瀬凛子シリーズでは継続してドラマ出演し、アイドルとしての活動の中ドラマにも積極的に出演を続けていました。

・2015年 ドラマ「ヤメゴク〜ヤクザやめて頂きます〜」主演・永光麦秋 役

そしてAKB48を卒業されてからも、たくさんの作品に出演しておりこのように主演作まで!

ここまでアイドルとしての活動が中心でしたが、子役時代からのキャリアもありすっかり女優として大活躍されていましたよね。

主演レベルの女優さんであり、脇役もこなせるマルチな才能を開花しています!

・2019年 NHK朝ドラ「スカーレット」熊谷照子 役

戸田恵梨香さん主演のNHK朝ドラ、スカーレット。
大島優子さんは欠かせない存在でしたし、素晴らしい演技を披露されていましたね。

朝ドラ出演は2016年の「あさが来た」から2作目。
朝ドラ女優として有名になった作品でもあります。

・2019年 ドラマ「東京タラレバ娘」鳥居小雪 役

やはり大島優子さんといえば、タラレバ娘のイメージがとても強いですよね!
吉高由里子さん、榮倉奈々さんと3人でのタラレバ娘。
ドラマも大人気でシリーズ化し、大島優子さんといえばタラレバ娘!と思っている方も多いのではないでしょうか。

これだけでなく子役時代から、何十本もドラマに出演してきた大島優子さん。
最近では2021年春クールに、「ネメシス」で上原⻩以子役として出演されていましたよね!

主演も脇役もこなせて、いろんなキャラクターを演じることができる大島優子さん。
これからますます女優として活躍されていくことでしょう。

ハーフって本当?

あまりハーフのイメージがない大島優子さんなのですが、調べてみると実はクオーターだったことが分かりました!

大島優子さんのお父様は日本人で、お母様は日本・アメリカのハーフ。
つまり大島優子さんは、ハーフではなくクオーターということになりますね。

ですがあまり外国の血が入っているイメージがないですよね。
とても綺麗なのですが、日本人と言われれば日本人だと思ってしまいそうです。

大島優子の母方の祖母がアメリカに渡った日系韓国人、そのご主人、つまり大島優子さんの母方の祖父がアメリカ人だったとのこと。

ということなので、そこまで濃いアメリカの血が入っているわけでもなさそうですね。

こちらは幼少期の大島優子さん。
かわいすぎてびっくりしませんか?

大島優子さんは小学校6年生の時に横浜から栃木に移り住むことになります。
父の兄が経営していた割烹料理店を手伝うためだったそうですが、大島優子さんのご両親はこのあと離婚をしてしまいます。

お母様がお店のお客さんと蒸発してしまったそうで、その後大島優子さんは父親に育てられることに。
お母様とは高校生のときに再会し、今は関係が良好のようですが・・・何とも驚きの事実です。

お母様はこの時、娘を劇団に入れていたわけですもんね。
この時の芸能活動の支えにならなければいけなかったと思うのですが、逃げてしまったとはびっくりです。

その後、AKB48時代など大島優子さんの支えになったのは、お父様でした。

子供の芸能活動は、どうしても親が支えにならないといけないですよね。
お父様は娘の夢をずっと応援していたんですね・・・!

お父様とお母様は今も絶縁状態だといいますが、娘の活躍にお二人とも喜んでいることでしょう。

大島優子 プロフィール

では改めて、大島優子さんのプロフィールを見ておきましょう。

名前・大島 優子(おおしまゆうこ)
生年月日・1988年10月17日 現在32歳
出身地・栃木県
血液型・B型
身長・152cm

大島優子さんは栃木県に生まれ、すぐ横浜に住むことになります。
そして1996年、8歳のときにお母様の勧めもあってセントラル子供劇団に所属し、子役として芸能界デビュー。

2006年、18歳のときに第二期AKB48追加メンバーオーディションに合格し、AKB48のメンバーとして活躍。
紅白歌合戦出場、AKB48総選挙でも2度1位に輝くなど、アイドルとして一世を風靡する活躍を見せました。

AKB48時代から引き続き女優としてドラマに出演し、2014年のAKB48卒業後も女優として活躍。

2017年にはアメリカに1年ほど語学留学。
あくまで英語を学ぶために渡米し、英語漬けの毎日を送っていました。

約1年ほどのアメリカ滞在を終え、2018年10月に帰国。
1年ぶりに仕事復帰し、それ以降も日本で女優として活動を続けています。

大島優子さんは子役、AKB48のエース、そして女優と長年ずっと芸能界で活躍されてきたんですね。

特にAKB48の全盛期を支えた人物であり、大島優子さんなしにAKB48は語れないほどです。

これまで突っ走ってきた大島優子さんですが、今も活動を止めることはありません。
無理せず、自分のペースで頑張ってほしいですね。

まとめ

以上、大島優子さんについて調べてみました。

子役時代から活躍し、かわいさは当時も今も変わりませんでしたね!
また大島優子さんはハーフではなく、クオーターであることも分かりました!

複雑な生い立ちはありましたが、今もご両親が支えとなっていることは間違いないと思います。

女優としてこれからもどんどん活躍して行ってほしいですね!

【関連記事】

高橋みなみの近況。AKB時代より痩せて可愛くなったけど整形したの?

白石麻衣のすっぴん画像がひどい?!ほうれい線でおばさんくさい顔と噂に!

平手友梨奈はなぜ人気?!嫌われる3つの理由とは?口パクに批判も!

(Visited 82 times, 1 visits today)

吉田沙保里 Previous post 吉田沙保里の現在の活動は?トレーニングはしてるの?痩せて可愛くなったと評判に!
久保純子 Next post 久保純子は現在ニューヨーク在住!大谷翔平インタビューに批判殺到!
メニュー