いまや大人気女優として数多くのドラマや映画に出演されている吉岡里帆さん。
CMにも多く出演されており、見ない日はないんじゃないかと思うほどです。

そんな吉岡里帆さん、書道がうまいことでも知られていますよね。
そこで、吉岡里帆さんの書道の腕前や数多くの出演CM、また、出身地の京都にまつわるエピソードなども調べてみました。

画像引用)https://www.instagram.com/p/CQhODEeDuau/

吉岡里帆は書道がうまい!

書道8段の腕前を持つ吉岡里帆さん。

とてもお綺麗な字ですよね。

吉岡里帆さんが持つ8段という位がどれくらい凄いのかというと、初心者の10級から始まり、9、8、7・・・と進級していき1級の次は初段。
そして、2段、3段、4段と続き最高位が10段となりますが、流派によっては最高位を8段としているところもあるそうなので、吉岡里帆さんは上位もしくは最高位の腕前であること言えます。

吉岡里帆さんが書道を始められたのは7歳の時で、友達から書道教室に誘われたことがきっかけだったそう。

そしてその後、中学、高校と書道を続け、大学進学の際にも書道の道を選択し、京都橘大学の文学部で書道を専攻されていました。

小学生の頃に書道教室に通われるのは珍しくありませんが、その後もずっと続けて大学でも書道を専攻するなんて、吉岡里帆さんの書道愛がとても伝わってきますが、実は書道を始めた小学生の頃から書道家を目指していたのだそうです。

そんな吉岡里帆さんの憧れの書道家が紫舟(ししゅう)さんという方。

2010年放送のNHK大河ドラマ「龍馬伝」の題字を手掛けたことで知られています。
紫舟さんのことをよく知らないという人でも、「龍馬伝」の題字は覚えているという人は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

もしも吉岡里帆さんが、紫舟さんのように書道家として活動されていたら美人書道家として注目を集めていたかもしれませんが、吉岡里帆さんの中で、書道家とは別に心を突き動かされていたのが女優業でした。

高校3年生の時に、舞台「蒲田行進曲」を見て衝撃にも似た感動を味わったことがきっかけで、独自に芝居の勉強を始め、俳優養成所にも通い始めるようになりました。

しかし当時は、書道を続けたい気持ちと芝居をしたいという情熱の間で、ご自身の気持ちが整理できずにいたそう。

「書道をやっている友人たちはどこまでも真っ直ぐなんです。夢に濁りがないから。2つのものを追いかけようなんて許されない世界。同級生たちと話して、話して、それでも理解されなかったり。逆に応援してくれる人がいたり、周りの言葉に揺れ動いてました」
引用)https://www.buzzfeed.com/jp/tatsunoritokushige/rihoyoshioka

悩みに悩んだ末、女優の道を進むことを決断された吉岡里帆さん。
当時は反対されていた方たちも、今では認めてくれるようになったそうです。

現在は女優としてお忙しい日々を送っている吉岡里帆さんですが、いつかリベンジしたいと思っているのがイタリアで書道を教えることなのだとか。

高校3年生の時に、NHKでイタリアの子供たちに書道を教えるという企画があり応募したところ、その選考に見事通ったという吉岡里帆さん。

しかし、費用の30万円をどうしても用意することができず、泣く泣く辞退することになってしまったそうで、今でもとても後悔しているのだそうです。

いつかリベンジする機会が訪れて、吉岡里帆さんの見事な書道の腕前をイタリアの人たちにも見てもらえることを期待したいですね。

出身は京都!

映画の街として有名な京都市右京区太秦で生まれ育った吉岡里帆さん。
東映や松竹の撮影所も近く、ちょんまげ姿の人が歩いているところや、映画を撮影している風景をよく見かけていたそうです。

京都というと国内外から訪れる観光客で常に賑わっているイメージがありますが、特に、春は京都各所の桜の名所を目当てに多くの人たち訪れる季節です。
吉岡里帆さんは、春になって観光客に彩られている街並みを見ているとお祭り気分が味わえて楽しい気分になっていたそう。

京都といえば抹茶の産地としても有名ですが、そんな京都の老舗・上林春松本店の協力を得て開発されたという「綾鷹」のCMに2017年から出演されている吉岡里帆さん。

吉岡里帆さんご自身も朝昼晩とお茶を飲む習慣があり、特に家に帰ってから急須で入れた温かいお茶を飲むのが至福の時だそうです。

また、神社仏閣が多く点在するのも京都の特徴の一つですが、吉岡里帆さんが毎年お礼参りに行くというのが、京都市右京区にある車折神社。

映画「マンゴーと赤い車椅子」(2015年2月公開)のオーディション前日にお参りに行ったところ出演が決まり、それを機に少しずつ仕事が増えていったそうで、吉岡里帆さんにとってパワースポットとなっているようです。

車折神社で入手できる「祈念神石」は願い事を叶えてくれる石としても知られており、吉岡里帆さんもお守りにしているそうですよ。

他にも、仏像にとても興味があり、京都市右京区の神護寺に安置されている薬師如来立像は群を抜くほどの美しさで見惚れてしまったという吉岡里帆さん。

地元・京都を愛し、京都の奥深い文化と共に育ってきたことが、現在の女優業にもいい影響を与えているのかもしれませんね。

出演CMまとめ!

吉岡里帆さんが、ドラマや映画の他、見ない日はないほど多く出演されているのがCMですよね。

では、そんな吉岡里帆さん出演のCMを見ていきましょう。

・リクルート ゼクシィ

吉岡里帆さんが本格的にCM出演されるようになったのが、ゼクシィのCMです。
オーディションで9代目CMガールの座を勝ち取り、その後も朝ドラ出演が決まるなど吉岡里帆さんにとって転機のCMとなりました。

・ジャンボ宝くじ

妻夫木聡さん、成田凌さん、矢本悠馬さん、今田美桜さんと共に個性豊かな5人兄弟に扮して、「ジャンボ宝くじ」の魅力を知っていくというストーリー。
「バレンタインジャンボ3億円篇」では、ツッコミ下手を指摘されてしまう吉岡里帆さん。天然でほんわかしている感じが可愛いですね。

・資生堂 エリクシール ルフレ

透き通るようなお肌の吉岡里帆さん。
本当にお肌が綺麗な方じゃなければ出られないCMですよね。
透明感と共にもちもちぷるぷるな感じも伝わってきます。
羨ましい!

・P&G レノアハピネス

吉岡里帆さんのうっとりと目を閉じた表情から、洗い上がったタオルのふんわり感といい香りがテレビ画面越しにも伝わってきます。

・ソフトバンク Y!mobile

キレのあるリズミカルなダンスが楽しいY!mobileのCM。
出川哲朗さんとの夫婦役も板についています。

・UR都市機構

「URであーる!」のフレーズで注目を集めたこちらのCMでは千葉雄大さん共演。
CMに起用された当初のメガネ姿も可愛かったですね。

・日清食品 どん兵衛 

吉岡里帆さんの出演CMの中でいちばん反響が大きいのが、何と言っても「どん兵衛」のCMではないでしょうか。
吉岡里帆さん扮する「どんぎつね」が登場したのは2017年。
きつねの耳と尻尾をつけた吉岡里帆さんがとにかく可愛いです!

共演の星野源さんが2021年5月に新垣結衣さんと結婚を発表された際には、どんぎつねの失恋を思い浮かべる人たちも多かったそうですよ。

そんな失恋後?のCMが「心にしみるWだし篇」。

終わった恋を懸命に吹っ切ろうとしているどんぎつね。
そして最後には謎の男が・・・
今後の展開が気になりますね。

他にも数多くのCMに出演されている吉岡里帆さん。
シリーズ化されているものも多く、本格的にCM出演されるようになった2016年から現在まで、シリーズ累計400本以上ものCMに出演されているそうです。

今後も多くのCMで私たちを楽しませてくれそうですね。

吉岡里帆 プロフィール

名前:吉岡里帆(よしおか りほ)
生年月日:1993年1月15日
出身地:京都府京都市右京区
身長:158cm
血液型:B型
所属事務所:A-team

高校3年生の時から地元・京都の俳優養成所に通い、大学生時代には小劇場の舞台に立ち、自主映画の撮影にも参加するなど演じることに情熱を注いでいた吉岡里帆さん。

さらに、夜行バスで京都から東京に向かい漫画喫茶でシャワーを浴び、東京の養成所でのレッスンやオーディションを受け、再び夜行バスで京都に帰るというハードな日々を続けていたそう。

こうして女優への道を模索していた吉岡里帆さんでしたが、何千人もいる養成所でレッスンを受けているだけでは埋もれてしまうと思い、養成所にお願いし現在の所属事務所であるA-teamのマネージャーさんを紹介してもらうことに。

すると、「ここの看板女優になるから、お願いだから私を今すぐここの事務所に入れて下さい!」「めちゃくちゃ働くから、仕事をください!」と社長に直談判したという吉岡里帆さん。
その度胸と熱意が伝わりA-teamに所属することになったのです。

しばらくはオーディションに落選する日々が続いた吉岡里帆さんでしたが、2015年放送のNHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」で、波瑠さん演じるヒロインの友達・田村宜役で出演すると一気に知名度を押し上げました。

その後は、ドラマ「ゆとりですがなにか」(2016年放送)、「カルテット」(2017年放送)、「ごめん、愛してる」(2017年放送)など話題作に次々と出演。

ドラマ初主演となった「きみが心に棲みついた」(2018年放送)では、自己肯定感が低くモラハラ男の言いなりなる主人公を演じて話題になりましたね。

2020年には、映画「パラレルワールド・ラブストーリー」(2019年5月公開)と「見えない目撃者」(2019年9月公開)での演技が高く評価され、「第43回 日本アカデミー賞 新人俳優賞」を受賞されました。

現在は2021年9月17日から開幕している舞台「狐晴明九尾狩」に出演中の吉岡里帆さん。

狐の精霊役ということで、狐の役には何かと縁があるようですね。

まとめ

7歳から書道を習い始め、書道家を目指していたという吉岡里帆さん。

8段という腕前で書き出されるその字はとても美しく、京都の女性らしいはんなりした雰囲気を持つ吉岡里帆さんの印象にふさわしく感じました。

書道と女優業との間で悩んだ時期もあったようですが、現在ではドラマや映画を始め多くのCMに出演する大人気女優として活躍されています。

今後も様々な作品で私たちを楽しませてくれることに大いに期待したいと思います!

【関連記事】

今田美桜がかわいい!黒目が大きすぎる?オーディションに落ちまくった過去?

有村架純が嫌い・あざとい・可愛くないと批判殺到!嫌われる3つの理由は?

吉高由里子はなぜ人気?愛されキャラでモテまくる3つの理由とは?

(Visited 50 times, 1 visits today)

Previous post 宮原知子は頭がいい!引退したら医者になる?結婚して引退するって本当?
黄皓 Next post バチェラー4黄皓(コウ・コウ)さんの経営するジムは?出身高校・大学は?
メニュー