トレンド

今井翼は松竹芸能?!メニエールは治ったの?

今井翼

画像引用)https://www.instagram.com/p/CI2lIIWgN9A/

ジャニーズ事務所に所属し、滝沢秀明さんとのユニット「タッキー&翼」として活躍された今井翼さん。
現在は、松竹芸能の関連会社である松竹エンタテインメントに所属され、舞台やドラマ出演など多くのシーンで活躍されています。
そんな今井翼さんが、松竹エンタテインメントへ所属することとなった経緯や芸能活動休止の原因となったメニエール病の回復状況などを調査しました。

今井翼が松竹を選んだわけ

2018年9月13日に、ジャニーズ事務所より今井翼さんの退所が発表されました。
それ以降は、2014年頃から発症したとされるメニエール病の治療に専念するため芸能活動を休止されていた今井翼さん。


再び芸能活動を開始されたのは2019年11月でした。
ご自身のInstagramを開設されて、芸能活動再開を報告されています。
太陽の光を浴びながら体を動かす今井翼の姿が清々しく感じますね。
復帰された当初はマネージャーもつけずフリーで活動されていたそうで、仕事のスケジュールからギャラ交渉まですべてのことを1人でこなしていたそう。
そんな今井翼さんの様子を見て心配されていたのが、歌舞伎役者であり最近ではテレビドラマでも大活躍の片岡愛之助さんでした。
片岡愛之助さんとは、2011年11月に公演された片岡愛之助さん主演の「システィーナ歌舞伎 GOEMON」を今井翼さんが観に行き、楽屋に挨拶に行ったことがきっかけで親しくされているそうです。
さらに、2014年と2016年には「十月花形歌舞伎 GOEMON 石川五右衛門」で舞台共演もされており、公私にわたって親交を深めているお二人。


そんなご縁もあり、2020年2月から公演された「システィーナ歌舞伎 NOBUNAGA」に今井翼さんがルイス・フロイス役で出演され本格復帰を果たしました。
そして、同年4月に松竹エンタテインメントに所属となったことを発表されているわけですが、今井翼さんと松竹エンタテインメントの間に入り橋渡しをしたのが片岡愛之助さんだったと言われています。
役者としての今井翼さんの才能を高く評価している片岡愛之助さんが、ご自身も所属する松竹エンタテインメントへと誘い、今井翼さんも所属する決意されたという経緯のようです。


ファンの方も、片岡愛之助さんが今井翼さんの支えとなり尽力されたことに感謝の気持ちでいっぱいのようですね。


こうして、松竹エンタテインメントへの所属と共にファンクラブの設立をされたことも発表されている今井翼さん。


待ちかねたファンの方たちの喜びの声もたくさん届いています。
歌にお芝居に、そして得意とするフラメンコと多くの場での活躍が期待される今井翼さんですが、やはりフリーで活動されるより芸能プロダクションに所属されたほうがその幅は広がるはず。
片岡愛之助さんとの縁により松竹エンタテインメントへの所属が決まった今井翼さん。
これまで以上に多くの人たちへ今井翼さんの魅力が届くことを期待したいですね。

今井翼の現在の活動

本格復帰された2020年にまず話題となったのが、大河ドラマ「麒麟がくる」に出演されたことではないでしょうか。
長谷川博己さんを主演に迎え戦国時代の世を舞台に明智光秀の人生を描く本作で、織田信長の家臣である毛利新介役で出演された今井翼さん。
桶狭間の戦いのシーンで、敵対する今川義元(片岡愛之助さん)に大ジャンプで頭上から刀を振り下ろすシーンが話題となりました。


6月7日放送回のみの出演でしたが、毛利新介の出世に対する強い執念を感じさせたと共に、視聴者の目を引く壮大な登場シーンは大きな反響を呼びました。


そして、8月にはドラマ「おじさんはカワイイものがお好き。」に出演。かわいいものが好きすぎるおじさんたちのコメディを描いた本作で、主人公・小路三貴(眞島秀和さん)と同じく、かわいいものが好きな「同志」として友情を深めていく河合ケンタ役を好演。


少しイカつい見た目とは裏腹に実はかわいいものが大好きな河合ケンタを、コミカルさと繊細さを交えつつ表現し物語を盛り上げました。
そして、10月には「GOEMON抄(SHOW)」に出演。本来「十月花形歌舞伎 GOEMON 石川五右衛門」が上演される予定になっていたのですが、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から全公演中止に。
しかし、公演を楽しみにされていたお客様のためにと4日間にわたって開催された本公演。
「十月花形歌舞伎 GOEMON 石川五右衛門」の見せ場をダイジェストにまとめ、立ち廻りやフラメンコを盛り込んだショーのあとトークショーも行われ、ファンの方たちにとっても充実した公演となりました。


さらに11月には、実力派舞踊集団「アルテイソレラ舞踊団」による一夜限りのフラメンコライブ「Golpe」にゲスト出演。


本格的にフラメンコのレッスンを始めたころから、アルテイソレラ舞踊団のフラメンコダンサーである佐藤浩希さんによるレッスンを受けていた今井翼さん。
情熱的にフラメンコを踊る姿がかっこいいですよね。
そして、本格復帰を果たした2020年に続き、2021年は1月2日と3日に舞台「千年のたまゆら ~ソング&ダンス 装束新春コレクション~」に出演されました。


大海人皇子や光源氏の装束をまとい歌やダンスを披露されています。
さらに、2021年4月からはミュージカル「ゴヤ-GOYA-」の上演も控えている今井翼さん。


スペイン最大の画家と称されるフランシスコ・デ・ゴヤの半生を描く本作で、主人公のゴヤ役を務めることが決定しています。


上演はまだ少し先ですが、ファンの方たちはすでに盛り上がっている様子ですね。
これからも、お芝居や歌にダンスと多くの場での活躍が期待される今井翼さん。今後の活動についてこのように語られています。

2年間、僕自身「また皆さんの前に必ず立つんだ」っていう想いで過ごしてきましたが、待ってくださった方がいて、こうして再始動の時を迎えられたのは、本当に当たり前のことじゃないと思っています。僕個人としては、これまでよりも一層、ボーダレスに可能性を持って活動していきたいと思っているので、ファンの皆さんが「そうそう、これだよ」って求めてたものはもちろん、「そういう一面もあったんだ」って思わせる発見も届けていきたいです。一番は、僕も皆さんも一緒に笑っていけたらいいですね。
引用)https://www.walkerplus.com/article/1005070/

休業期間を経て無事活動再開をされた今井翼さん。今後も、ファンの方にはもちろん、今まで今井翼さんのことをあまり知らなかったという人にも、その魅力を存分に届けてくれそうですね。

メニエール病は治ったの?

2014年10月に公演された舞台「十月花形歌舞伎 GOEMON 石川五右衛門」の千穐楽を終えた後、立ち上がるのも困難なほどのめまいに襲われ検査入院したところ、メニエール病を発症していることが判明した今井翼さん。
芸能界では、久保田利伸さんや八代亜紀さんも発症したことがあるというこの病気、一体どのような病気なんでしょうか。

激しい回転性のめまいと難聴、耳鳴り、耳閉塞感(耳がふさがった感じ)を繰り返す疾患。内耳を満たしている内リンパ液が過剰にたまる「内耳リンパ水腫」が原因で起こる。
めまいの発作は数分で治まることもあれば、数時間続くこともある。発作の間隔も週1回程度から年1回程度と個人差が大きい。30〜50歳代に多く、高齢者には少ない。
発症後1~2年程度で軽快することが多いが、数年以上にわたって続く場合もある。
発作を繰り返すことで耳鳴りが慢性化したり、難聴が進んだりすることもある。
薬の服用による治療が一般的だが、難治性の場合は外科的処置を施すこともある。
引用)https://doctorsfile.jp/medication/314/

激しいめまいにより吐き気を感じたり、バランス感覚を失って立っていられないということもある大変な病気のようです。
さらに、発作的に起きためまいが治まるまでの時間やめまいが起こる間隔、また、病気自体が快方に向かうまでに要する期間も人によってバラつきがあり、今井翼さんが経験されたように一度回復しても再発してしまうケースも少なくないようです。
ストレスや過労などで発症するケースも多く見られるそうですが、まだ原因の特定はできていないそう。


芸能活動の無期限休止の選択にも至った2018年に再び今井翼さんを襲ったメニエール病ですが、活動再開された今、病気は完治されたのでしょうか?
調査してみたところ、残念ながら現在のところは今井翼さんご自身の言葉で「完治しました」と明言されているコメントは見つかっていません。
しかし、本格復帰となった2020年2月公演の舞台「システィーナ歌舞 NOBUNAGA」への出演が決定した際のコメントではこのように語られています。

「順調に体調も回復しており、来年2月の公演に向けて、さらに万全を期して準備をして参りたいと思っています」
引用)https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201911250000489.html

一度再発を経験されているだけに、現在の状態を「完治」と言っていいか分からない部分もあるのかもしれません。
しかし、順調に回復されていることだけは確かなようで安心しました。
復帰後も様々なシーンで活躍を見せている今井翼さん。
くれぐれも無理のないように、体調と相談しながら活動して頂ければと願っています。

今井翼 プロフィール

1981年10月17日生まれ、神奈川県藤沢市出身の今井翼さん。
お姉さんが応募したことがきっかけで、1995年4月23日にジャニーズ事務所に入所しました。
ジャニーズJr.として活動していたころから人気が高く、2002年8月に滝沢秀明さんとのユニット「タッキー&翼」が結成され、同年9月11日にアルバム『Hatachi』でCDデビューを飾ると、日本のみならず香港、台湾、シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシアでも同時発売されました。
2003年11月に発売された2枚目のシングル「夢物語」と、2006年1月に発売された6枚目のシングル「Venus」はオリコン1位を獲得するなどタッキー&翼の代表曲とも言える大ヒットを記録しました。


タッキー&翼として活躍されている一方で、今井翼さん個人としてもソロコンサートを行われたり、KinKi Kidsの堂本光一さんが主演を務める舞台「SHOCK」にも出演。
また、ご自身が主演を務めた舞台「World’s Wing 翼 Premium」をきっかけに、本格的なフラメンコのレッスンを重ねるようになり、フラメンコの理解を深めるためにスペイン語を学ぶようになると、2012年に世界初となるスペイン文化特使に就任されました。
さらに、2010年から舞台「PLAYZONE」で少年隊から主演を引き継ぎ2015年までの6年間にわたり主演を務めました。


デビュー以来、16枚のシングル、5枚のオリジナルアルバム、2枚のミニアルバム、1枚のベストアルバムをリリースしてきたタッキー&翼ですが、デビュー15周年となる2017年9月に、個々のスキルアップに専念したいという理由から活動休止を発表されました。
その後、活動再開することなく2018年9月をもって解散。
同時に今井翼さんのジャニーズ事務所退所も発表されました。

「滝沢にも迷惑をかけ、関係各位の皆様や事務所にも迷惑を掛け続け、これ以上ご迷惑をお掛けすることはできないという思いと、自分自身の体調をより万全にする時間を選択したい思いから、ジャニーズ事務所を退所する決意に至りました」
引用)https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201809130000009.html

タッキー&翼の解散について「仲たがいでは?」との噂もあったようですが、それを否定したうえで、退所理由として「自分のけじめ」とも語られていた今井翼さん。
2014年にメニエール病が発症し、一時は回復したものの2018年3月再発。治療を続けるも病状は一進一退を繰り返していたようで、治療に専念するため芸能活動を無期限休止とすることを決意されました。

当時はファンの方と共通したツールがなかったので、僕の唯一の新情報は「目撃情報」くらいでしたでしょうしね(笑)。休養中は身体を良くすることが目的だったので、外をランニングしたり、泳いだり…身体を整えようと定期的に運動していました。おかげで規則正しい生活を送るようになって、食事への意識も変わって、今では18時半に夜ご飯を食べるようになりました。
引用)https://www.walkerplus.com/article/1005070/

休業期間中のことについてこのように振り返り、改めて「体が資本」ということを考えるようになったとも語られています。
休業期間中にしっかりご自身の体と心に向き合い、2020年に芸能活動を再開された今井翼さん。
俳優としてのお仕事の他にプロ野球、横浜DeNAベイスターズの応援番組「Oh!ベイスターズ2020」のMCにも挑戦されました。
実は今井翼さん、プライベートでも横浜DeNAベイスターズの本拠地である横浜スタジアムを訪れて野球観戦をしたり、ファンクラブの会員にもなっているほどの大のベイスターズファンなんです。

「子供の頃から愛しているベイスターズの応援番組に出演でき、大変うれしく思います。現場に立てることはめったにないので、この機会に選手やチームの生の声、熱い思いをお伝えしたいと思います」
引用)https://www.sanspo.com/geino/news/20200327/geo20032705030014-n1.html


実は今井翼さんにとって、同番組が復帰後初のレギュラー番組なんです。
幼い頃から応援しているチームの応援番組で復帰後初レギュラーを飾れるなんて、これも何かの縁なのかもしれませんね。


そして、野球中継の解説にも挑戦された今井翼さん。
野球の他にサッカーも大好きとのことなので、俳優業はもちろん、スポーツ番組の解説のお仕事など、今後ますます幅広い活躍が期待できそうですね。

まとめ

メニエール病に襲われ芸能活動休止を余儀なくされた今井翼さん。
復帰後は、片岡愛之助さんとの縁により松竹エンタテインメントに所属し新たなスタートをすることとなりました。
現在は、体調も回復に向かい舞台やドラマなど多くのシーンで活躍されています。
4月には主演ミュージカル「ゴヤ-GOYA-」の上演も控え、今後の活躍にますます期待が高まります。