トレンド

篠原ともえの現在は?デザイナーとして活躍中で昔とのギャップがすごい!

篠原ともえ

画像引用)https://www.instagram.com/p/CAT1rBEnoEX/

1990年代後半を中心に、個性的な衣装とハイテンションなキャラクターで「シノラーブーム」を巻き起こした篠原ともえさん。
今篠原さんが大人になってきれいになったと話題になっています!
今年の誕生日で42歳を迎える篠原ともえさんの現在の活動や気になるプライベートなど調査しました。

篠原ともえは今何してる?

2020年7月には渋谷ヒカリエで、篠原ともえさんによる作品展「SHIKAKU~シカクい生地と絵から生まれた服たち~」とが開催されました。
現在、ステージ衣装なども手掛けるファッションデザイナーとして活躍されている篠原ともえさん。
衣装をデザインする中で、余って廃棄されてしまう布のことがいつも心に引っ掛かっていたんだそう。そんな余り布を出さずにデザインしたいという想いのもと、1年がかりで取り組んだのが、この展示会でした。


元気いっぱいのシノラーの頃の印象とは違い、無限の才能を秘めたアーティストの表情を見せる篠原ともえさん。
幼い頃から絵を描くことやお裁縫をすることが大好きで、お人形の洋服作りから始まり、成長するにつれ好きな洋服の型をとってご自身が着る洋服やアクセサリーを作るようになりました。
シノラーとして大人気だった当時から、将来はデザイナーになりたいと真剣に思っていたそうで、当時身に着けていたアクセサリーや小物も100円ショップで売られているグッズを使ってご自身で手作りしていたんだそうです。


高校はデザイン科のある学校に進学され、イラストレーションを始めデザインに関する知識を勉強し、大学に進学すると服装学科でデザイン画を学びました。
2000年に入ったあたりから、タレント活動と並行してデザイナーとしての仕事もされるようになり、「しのコレ~21世紀につくる21歳の篠原ともえがデザインする21体の服~」と題したファッションショーを開催されたり、ご自身が女優として出演されていたミュージカル「天使からの招待状」、舞台「ありがとうサボテン先生」では、出演オファーを受けた際に「出演と共に衣装担当もさせてほしい」と自らお願いしていたという篠原ともえさん。


そんな篠原ともえさんがデザイナーとして認められるようになったのは、2013年の松任谷由実さんの全国ツアーのステージ衣装手掛けてからでした。
松任谷由実さんのご主人でありプロデューサーである松任谷正隆さんのラジオ番組にゲスト出演された際に「ともえちゃんだったら、ユーミンにどんな衣装を着せてみたい?」と聞かれ、その場でデザイン画を描いたのがきっかけで、ステージ衣装のデザイナーに抜擢。
それ以来、2015年の嵐のライブツアーの衣装を担当されたり、2016年には数人のデザイナーとのコンペに勝ち抜き再び松任谷由実さんのステージ衣装を担当。
さらに、2020年NHK紅白歌合戦に出演された水森かおりさんの衣装も手掛けました。
その水森かおりさんの衣装の制作している様子がこちらです。


そして、実際に水森かおりが衣装を着ている姿がこちら。


このドレスと初対面された時に思わず涙がこぼれたという水森かおりさん。
一針一針丁寧に作り上げたドレス。本当に素晴らしいですよね。
さらに、衣装デザインだけにとどまらず、生地そのもののデザインやソーイングセットなどの小物のデザインと、篠原ともえさんのデザインによってたくさんのものが生み出されています。


デザインや建築などの本を読んだり、日本はもちろん、スペイン、ポルトガル、モロッコなど海外の美術館を巡ってインスピレーションを得ることもあるといい、「いつまでも創り続ける人でありたい」という篠原ともえさん。
いずれは海外にステージを広げたいという夢もあり、その時のために英会話のレッスンも始めているそうです。
シノラーとして活躍されていた頃から時を経て、今ではすっかり落ち着いた雰囲気の篠原ともえさんですが、ご自身の好きなことに対して真っ直ぐ向かっていく気持ちはずっと変わらないのかもしれませんね。

2018年に結婚していた!

2019年1月にご結婚された篠原ともえさん。
気になるお相手は、アートディレクター、クリエイティブディレクターとして広告やCM、パッケージデザインやロゴデザインまで幅広く手掛けている池澤樹さん。


お二人の出会いは2008年。池澤樹さんが、同年9月に開催された、篠原ともえさんの「TOMOE SHINOHARA emotion in motion 篠原ともえ150の原画展」の監修を務めたことがきっかけでした。
篠原ともえさんが幼い頃から描きためた150点にも及ぶデッサンを出展した同展で、最初は「落書きの延長のようなものを展示していいのか」という迷いもあったそうですが、「この世界を追求したら面白いんじゃないかな」と言ってくれたのが、後にご主人となる池澤樹さんでした。

「それを耳にしたとき、あ、私が求めてきた世界をわかってくれる人がいるって、なんか、すごく心に残ったんです。私は人生にプランなど立てたことがなく、そのときどきに夢中になれることをやってきただけ。何歳までに結婚しよう、なんてこともまったく考えずにいたのですが、40歳を前に、ひとり、私を受け入れてくれる人に出会ったことは、運命的で本当にうれしいことでした」
引用)https://www.asahi.com/and_w/20200704/1529028/

ご主人との出会いをこのように語られている篠原ともえさん。
同展での交流がきっかけで交際に発展し、2019年1月に婚姻届を提出されました。
また、2020年にはご主人と共にクリエイティブスタジオ「STUDEO(ストゥディオ)」を立ち上げたことを発表。


社名の「STUDEO」は「専念する」「勉強する」「努力する」などを意味するラテン語だそうで、篠原ともえさんご自身も、2019年から芸能活動を1年間休止して20年ぶりに母校である被服学校に再入学し、改めて服づくりを学んでいたんだそう。
学校ではシノラーを知らない若い世代や留学生とも一緒に学び、多くの刺激を受けたといいます。


「創り出す」ということ対してどこまでも真摯に向き合う篠原ともえさんですが、休日にはご夫婦でリフレッシュする時間もきちんと取り入れているようで、ご夫婦でゴルフの練習をされたり、自家栽培のハーブを使ってご主人が大好きなワインに合わせてアヒージョを作ったりと夫婦で過ごす時間を楽しんでいるんだそう。
また、アートで繋がったお二人だけあって、普段からデザインの話をよくしているといい、ご主人の存在を「恩師であり、友達でもあり、大切な仲間」とおっしゃる篠原ともえさん。
公私にわたる心強いパートナーと共に、これからも無限の才能を咲かせていってほしいですね。

フワちゃんもあこがれる若い頃も可愛かった篠原さん

篠原ともえさんの若い頃といえば、やはり元気いっぱいのシノラー時代の印象が強いですよね。


個性的なファッションで当時の篠原ともえさんと同世代の若者を中心に「シノラーファッション」が大ブームとなりました。


今やバラエティー番組に引っ張りだこの人気YouTuberのフワちゃんも、シノラーブームの影響を受けた一人で、「3歳の頃から恋焦がれていた」「ジャパニーズカワイイの師匠だし、神」と篠原ともえさんへの愛を公言しています。


こちらは、18歳頃の篠原ともえさん。
シノラーファッションのオリエンタルバージョンといったところでしょうか。ただの奇抜なファッションと受け取られがちのシノラーファッションでしたが、奇抜な中にも工夫された可愛らしさがあってセンスを感じますね。


こちらは1998年に、フジテレビで放送されていた番組「LOVE LOVE あいしてる」の中の企画で、堂本剛さん、堂本光一さん、吉田拓郎さんと共に結成されたバンド「ビートルーズ」の楽曲「The Night before your Birthday」を歌う篠原ともえさん。
担当していたベースを弾きながら切ない歌詞を歌っている篠原ともえさんは、シノラーの元気いっぱいなキャラクターとはまた違う魅力を感じます。


こちらは、2015年に小泉成器「ビジョーナ リセットブラシ」のイメージモデルを務めていた頃の篠原ともえさん。
シノラーファッションの頃とはイメージがガラリと変わり、黒髪のロングヘアをなびかせて見せる儚げな表情にドキッとするファンの方も多かったのではないでしょうか。


こちらは、同広告の別バージョン。
当時36歳なんですが、とてもその年齢には見えないですよね。透明感のある可愛らしい少女のような雰囲気を醸し出しています。


こちらは2016年、女性アイドルユニット「バニラビーンズ」と「シノバニ」というユニットを結成しシングル曲「おんなのこ☆おとこのこ」を発売された頃の篠原ともえさん。
同楽曲は、篠原ともえさんが8年間あたためていたという渾身の一曲で、作詞作曲やミュージックビデオの世界観まで全てをプロデュースされました。
もちろん、衣装デザインも篠原ともえさんが手掛けており、オリジナルプリントを施した生地で楽曲の世界観をイメージして作られたんだそうです。
衣装はもちろん綺麗ですが、篠原ともえさんもとてもお綺麗です。
シノラーブームを巻き起こした若い頃からデザイナーとして活躍されている現在まで、いろいろな表情を見せてくれている篠原ともえさんですが、一貫して変わらないのは「セルフプロデュース力」といえるのかもしれませんね。

篠原ともえ プロフィール

1979年3月29日生まれ、東京都青梅市出身の篠原ともえさん。
ご実家はお寿司屋さんで、2人のお兄さんとの3人兄弟で育ちました。
洋裁が好きなお母様の影響を受け幼い頃からお裁縫や小物作りが大好きで、物静かなおとなしい女の子だったそうです。
しかし、小学4年生の時にバレエを習い始めたことをきっかけに明るく積極的な性格になり、中学生時代は当時大ファンだったというロックバンド「ユニコーン」のコピーバンドを結成し、ギターとボーカルを担当していたんだそう。
そして、「芸能人になりたい」と思うようになった篠原ともえさんは、中学3年生の夏休みにオーディションを受けますが、残念ながら落選。
ところが、オーディションの場で歌詞を間違えパニックになっている様子が面白いという理由で当時の芸能事務所に見出され、1995年、16歳の時に石野卓球さんプロデュースの「篠原ともえ+石野卓球」名義で、シングル曲「チャイム」をリリースし歌手デビューを飾りました。


その後も、シングル曲「やる気センセーション」、「クルクルミラクル」などをリリースして音楽番組にも出演するようになると、個性的な髪型やファッションとハイテンションキャラが注目を集め、「シノラーブーム」を巻き起こしました。


数々のバラエティー番組に出演するようになった篠原ともえさんですが、印象に残っているのは1996年から放送されていた番組「LOVE LOVE あいしてる」ではないでしょうか。
KinKi Kidsと吉田拓郎さん、「THE ALFEE」の坂崎幸之助さんや「バブルガム・ブラザーズ」のブラザー・トムさんと共にレギュラー出演すると、篠原ともえさんが担当していた「プリプリプリティ」のコーナーが話題を呼ぶようになりました。
ゲストの楽屋を訪ね、視聴者プレゼントとしてグッズや私物をもらいに行く同コーナー。


多くのゲストの皆さんが、シノラーの人懐っこさとハイテンションで笑顔になっていたことを思い出します。

シノラー時代は、むしろ明るいシノハラ以外はお見せしたくなかったんです。ハーフパンツ以外は着たくないし、お団子以外の髪形もしたくない。腕輪も、してないと元気がないって思われちゃうんじゃないかって……「みんな明るいシノハラのことしか好きじゃないんじゃないかな?」って思いこんでたんです。
引用)https://nikkan-spa.jp/763854

当時のハイテンションぶりをこのように振り返る篠原ともえさん。
ファッションだけじゃなく、ご自身の見せ方もセルフプロデュースされていたんですね。
そして、歌手やタレントとして多忙を極める中デザイナーとしての道も切り開き、さらに2012年7月には、作詞・作曲・編曲・プログラミング・イラストなど篠原ともえさんが完全セルフプロデュースしたCDアルバム「Oh Yes Say Lala」と「Better」を発売。
女優としても、2013年に公開された映画「猫と電車」で映画初主演を果たしました。


キャラクター作家になる夢を追いかける少女という、篠原ともえさんご自身にもリンクする主人公・綿谷雫役を好演されました。
さらに2014年には映画「海月姫」にも出演。


油っ気の抜けた枯れた中高年男性を好む「枯れ専」のジジ役として出演されました。
同居するアパートの住人たちとアパレルブランドを立ち上げるストーリーを描く本作。こちらも、篠原ともえさんご自身にリンクしている部分があると思うと面白いですよね。


そして、星空博士という顔も持つ篠原ともえさん。
こちらは2014年に発売された「宙ガール☆篠原ともえの星の教科書」です。
星が大好きという篠原ともえさんは、中学生時代にはプラネタリウムに通い、高校では天文部に入部し。そして、大人になってからは「宇宙天文検定」を受けて星空博士の称号を取りました。


2020年11月に開催された宇宙や星空がテーマのイベント「宙フェス2020東京日本橋 宙トーク」にも出演されました。
女優、歌手、タレント、デザイナーに、星空博士まで、本当に篠原ともえさんの可能性は尽きるところがありません。

歌をやると、声の切り替えのテクニックがお芝居に生きたり、そのお芝居の表現がプラネタリウムでの解説に生きたり。またプラネタリウムのイマジネーションが、お洋服の創作を手助けしてくれたり。私の中では表現という点で、芯がつながっているんですよね。それが私らしければ、職業は決めなくていいって。いくつも職業を持っててもいいっていうふうに、自分の中で答えを出せたんです。
引用)https://bunshun.jp/articles/-/11297?page=2

ご自身の職業についてこのように語られている篠原ともえさん。
多才な人であることには違いないのですが、与えられた才能だけじゃなく篠原ともえさんご自身が一つ一つ勉強し努力を重ねてきたからこそ手にすることができたものなんだと思います。
これからも、私たちをあっと驚かせてくれるような篠原ともえワールドを見せてもらいたいですね。

まとめ

篠原ともえさんの現在の活躍について調査しました。
シノラーとして活躍されていた若い頃から、デザイナーになることを夢見て努力を重ねていた篠原ともえさん。
その夢はついに開花し、現在はステージ衣装を手掛ける他、ご主人の池澤樹さんと共にクリエイティブスタジオ「STUDEO」を立ち上げ、ご自身の作品展も開催されるようになりました。
「アーティスト・篠原ともえ」として、この先私たちにどんな世界を見せてくれるのか期待が高まります。