トレンド

まえだまえだの弟前田旺志郎がイケメンに成長!俳優として朝ドラに出演!

まえだまえだ 前田旺志郎

画像引用)https://www.instagram.com/p/CJcsNGeAM_z/

兄弟コンビまえだまえだの弟として活躍していた、前田旺志郎(まえだ おうしろう)さん。

当時はとても可愛い男の子でしたが、イケメンに急成長したと話題になっています!

また、俳優として評価も高く朝ドラに出演することが決定しました。

まえだまえだの弟、前田旺志郎さんはどのような姿になったのでしょうか。

この記事ではまえだまえだの弟、前田旺志郎の成長した姿や漫才時代の画像、出演する朝ドラについてまとめています!

まえだまえだ弟がイケメンに成長!

過去には漫才師として活動していた前田旺志郎さん。

漫才をしていた時代は、元気よく漫才していた可愛い男の子という印象が強かった人も多いかと思います。

そんなまえだまえだの弟である前田旺志郎さんは、現在俳優として活動。

元々可愛い雰囲気だった弟の前田旺志郎さんは、かなりのイケメンに成長!

見た目が変わっているため、ドラマや映画に出ていても気付かない人も多いかもしれません。

そんなまえだまえだの弟の前田旺志郎さんの成長ぶりに、ネット上では多くの意見が上がっていました。

  • 「イケメン」
  • 「ええ感じに成長している」
  • 「前田旺志郎、キュートすぎ」
  • 「面白くて可愛くてなかなか好青年」

漫才時代と比べると、かなり顔立ちもキリっとして変化していることがわかりますね(^^)

漫才が可愛かった!

まえだまえだとして活躍していた時の画像がこちらです。

兄弟でコンビを組むきっかけとなったのは、母親の影響でした。

当時4歳だった兄の航基さんはとても恥ずかしがり屋でした。

兄弟揃って漫才をしているところを見ても、内気なタイプには見えないのでとても意外ですよね。

そんな姿を見た母親の勧めで、松竹芸能のタレントスクールに通い始めるように!

弟の旺志郎さんは3歳から同じスクールに通い始めるようになりました。

とはいっても、スクールに通う前から関西ではそれなりに顔の知られた子役だった兄弟。

兄弟コンビとして漫才デビューする前から、CMやドラマ、映画に出演していました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

mayu chang(@meiwakumail)がシェアした投稿


2007年、タレントスクールの担当者から漫才を勧められ、漫才師へ。

お笑い番組に出演していた当時、兄の前田航基さんは9歳、弟の前田旺志郎さんはまだ7歳という若さ。

若いというよりも男の子というかんじでしたよね!

お笑いコンビとして、テレビで見たときの衝撃は大きく、何年経っても記憶に残っている人も多いかと思います。

ちなみに『エンタの神様』初登場となったには2007年。

2008年から1月、3月、5月、7月、9月、11月と必ず奇数の月に1度出演していて、番組の出演芸人としては史上最年少となっていました。

また過去に出演した『徹子の部屋』では、芸人にしては珍しく、司会の黒柳徹子さんのペースに惑わされることなく出演。

2011年には、新宿角座で演芸史上最年少の単独お笑いライブ「まえだまえだの最年少お笑い初単独ライブ〜スマイルラッキー超ハッピー〜」を行ないました。

まえだまえだとしての復活はある?

お笑い芸人として活躍し、かなり人気のあったまえだまえだ。

漫才師デビューから10年以上経った2021年現在、コンビとしての活動はありません。

そのため、世間からは寂しいという意見があります。

2021年現在、兄の航基さんも弟の旺志郎さんも、俳優やタレントとして活動。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@nyanko.28がシェアした投稿

解散はしていないものの、お笑いとしての活動は休業しています。

しかし、兄の航基さんは高校卒業前に出演したバラエティ番組で「また漫才がしたい。」と話していました。

また、まえだまえだの漫才が復活するとなると、当時とは違った面白さで見ることが出来るかもしれませんね!

俳優として活躍!朝ドラに出演が決定!

俳優として活躍している前田旺志郎さん。

連続テレビ小説第103作目となる、『おちょやん』に出演することが決定しました。

この作品は、女優の道を生き抜き大阪のお母さんと呼ばれるようになった女性、竹井千代の物語。

大阪にある南河内の貧しい家に生まれた少女が、奉公に出ていた道頓堀で芝居のすばらしさに魅了され、女優の道を目指すという内容になっています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

前田旺志郎(@oshiro_maeda)がシェアした投稿

前田旺志郎さんは、松島寛治役に抜擢!

松島寛治は新派劇団の座長の息子として、千代や一平が活躍する鶴亀家庭劇に入り、喜劇の世界に足を踏み入れていく若き劇団員。

寛治の父は新派の劇団で座長を務めていたものの、早くに亡くなっています。

そして、鶴亀株式会社の大山鶴蔵社長は、寛治を鶴亀家庭劇に預けるように命令。

千代と一平は、寛治と生活を共にしていくことになります。

前田旺志郎さんは過去にも、大河ドラマ『平清盛』で主役の平清盛の幼少期役で出演。

大河ドラマで子供時代を演じた人は、かなり大物になると言われています!

  • 2005年:『義経』の神木隆之介さん
  • 2009年:『天地人』の加藤清史郎さん
  • 2017年:『おんな城主 直虎』の新井美羽さん

元々の演技力ももちろん素晴らしいですが、大河ドラマはより高い表現力が求められる作品。

前田旺志郎さんは、かつて平清盛の子供時代というかなり重要な役を演じていたこともあり、幼少期から高い演技力があったのではないでしょうか!

前田旺志郎 プロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

前田旺志郎(@oshiro_maeda)がシェアした投稿

  • 名前:前田 旺志郎(まえだ おうしろう)
  • 生年月日:2000年12月7日
  • 出身地:大阪府吹田市
  • 著名な家族:前田航基(兄)
  • 事務所:松竹エンタテインメント

前田旺志郎さんは出身小学校や出身中学について、公表されていません。

しかし、兄の前田航基さんが台東区立石浜小学校と台東区立桜橋中学校に通っていたことを公表。

そのため、弟の前田旺志郎さんも同じく台東区立石浜小学校を卒業し、台東区立桜橋中学校に通っていたと考えられます!

前田旺志郎さんは中学時代にバスケットボール部に所属していました。

通っていた高校は不明ですが、2018年には慶應義塾大学に入学。

受験の3〜4ヶ月前に俳優の仕事を休み、勉強に集中したことを明かしていました。

前田旺志郎さんの主な出演ドラマ作品はこちら!

  • ちいさこべ〜若棟梁と九人の子〜(2006年)- 伝次 役
  • 帰ってくるのか?!33分探偵(2009年)- 鞍馬六郎 役
  • 赤鼻のセンセイ(2009年)- 本間きいた 役
  • 平清盛(2012年)- 平太(平清盛幼少期)役
  • いだてん〜東京オリムピック噺〜(2019年)- 小池禮三 役
  • 浪花少年探偵団(2012年)- 原田修 役
  • 石坂線物語シリーズ「華の火」(2012年) – トン君 役
  • そこをなんとか(2012年)- 久保田昴 役
  • PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜(2012年) – 鞠丘貫太 役
  • 連続ドラマW LINK(2013年)- 松岡正太郎 役)
  • そこをなんとか2(2014年)- 久保田昴 役
  • 出入禁止の女〜事件記者クロガネ〜(2015年)- 鉄一路 役
  • 明日もきっと、おいしいご飯〜銀のスプーン〜(2015年) – 早川調 役
  • おみやさんスペシャル2(2016年)-新垣隼人 役
  • カルテット 第3話(2017年)- 岩瀬純 役
  • ウツボカズラの夢(2017年)- 福本知也 役
  • わろてんか(2017年)- 舶来屋キース(幼少期) 役
  • おちょやん(2021年)- 松島寛治 役

主な映画作品はこちら。

  • 奇跡(2011年)- 木南龍之介 役
  • おかえり、はやぶさ(2012年)- 岩松風也 役
  • 超高速!参勤交代(2014年)- 徳川宗翰 役
  • 海街diary(2015年)- 尾崎風太 役
  • レミングスの夏(2017年)- 主演・南木秀平 役
  • 超・少年探偵団NEO-Beginning(2019年)-塚原舜 役
  • キネマの神様(2021年)- 円山勇太 役

将来的にやりたい目標について聞かれた際、「役者はずっと続けていきたいし演劇教育をやりたい」と語っていた前田旺志郎さん。

演技力の評価も高いこともあり、今後の活躍にも注目したいと思います!

まとめ

兄弟コンビまえだまえだの弟として活躍していた、前田旺志郎(まえだ おうしろう)さん。

当時はとても可愛い男の子でしたが、イケメンに急成長していたことが判明しました!

幼少期から活動しているということもあり、俳優として評価も高く朝ドラに出演することが決定。

今後の活躍にもとても注目されています。

漫才としての活動は休止状態であるものの、また見たい!という声も多く上がっていました。

当時とは違った面白さで、また兄弟漫才を楽しむことが出来るかもしれませんね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

(Visited 9 times, 1 visits today)