トレンド

松田龍平は弟松田翔太と仲がいい?妹松田ゆう姫が女優デビュー

松田龍平

画像引用)https://www.instagram.com/p/BrAHcm0HRH1/

数多くの映画やドラマに出演し、その独特な雰囲気から多くのファンを魅了している松田龍平さん。

その演技力はもちろん、芸能一家に生まれ育ったことでも有名ですよね。

そこで、弟の松田翔太さんとの兄弟仲や女優デビューされた妹の松田ゆう姫さんのこと、また豪華な家族構成などについてご紹介したいと思います。

松田龍平は弟松田翔太と仲がいい?

お二人とも第一線で活躍されているにもかかわらず、2009年に公開されたドキュメンタリー映画「SOUL RED 松田優作」以外では共演されたことがない松田龍平さん翔太さん兄弟。

そのせいか、兄弟仲が悪く共演NGなんていう噂まで出ているようです。

しかし、以前松田龍平さんは松田翔太さんについて「弟はライバルというより、自分を前向きにさせてくれる存在」と語っていたことがあり、仲が悪いどころか弟の存在を大切に思う兄という印象を受けました。

共演がないというのも、それぞれ役者としての方向性が違うことから、同じ作品に出演する機会がなかっただけではないかと思われます。

松田龍平さんは掴みどころのない飄々としたイメージで、熱い気持ちを内に秘めているような役どころが多く、ドラマよりも映画出演が多い印象です。

一方、松田翔太さんは「LIAR GAME」の秋山深一のようなかっこいい役や、CM「au三太郎シリーズ」でお馴染みの桃ちゃんなどコミカルな役も演じられ、映画よりもテレビでの活躍のほうが多いイメージです。

俳優として共演はないお二人ですが、プライベートではお互いの自宅を行き来することもよくあるんだとか。

こちらは、松田翔太さんのインスタグラムにアップされていたお写真。
松田龍平さんのお誕生日のお祝いに家族で集まったそうで、「龍平、お誕生日おめでとう」とコメントされています。
どこかでお祝いをされた後の帰り道で松田翔太さんが撮影された感じでしょうか。

とてもリラックスされた楽しそうな雰囲気が伝わってきますよね。

また、同じ俳優業をする者としてお芝居について話をすることもあるというお二人。
お互いの役を褒め合う時もあれば、意見が合わず、殴り合いのケンカに発展してしまうこともあるんだとか。

何でも遠慮なく話せる関係だからこそ気持ちをぶつけ合うことができ、そして認め合うことができるのかもしれません。
仲がいいのはもちろん、絆の強さみたいなものを感じます。

そして、兄弟仲だけでなく親子の絆を感じさせたのが、2018年に行われた松田翔太さんと秋元梢さんの結婚式の際に、松田翔太さんがされたスピーチです。

「(普段の松田龍平は)世間知らずでオタクみたいだけど、スクリーンに映った兄は世界一カッコいいんです。(母の美由紀は)自分のために涙を流して謝ってくれたこともありました。でも、そのあと『私は女優だから』と言って、あっけらかんとしていて。そんなかっこいい母に育ててもらったことを、本当に感謝しています」
引用)https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1663681/

お母さんに対する感謝と、俳優としての兄・松田龍平さんを慕う気持ちが伝わってきます。

松田龍平さんと松田翔太さんは、同じ俳優としてお互いに刺激を受け、何でも話し合える仲のいい兄弟のようですね。

妹松田ゆう姫が女優デビュー

2021年4月17日スタートのドラマ「コントが始まる」で、松田龍平さんの妹・松田ゆう姫さんが女優デビューされました。

高岩春斗(菅田将暉さん)、朝吹瞬太(神木隆之介さん)、美濃輪潤平(仲野太賀さん)の高校の同級生3人組で結成された売れない芸人トリオ「マクベス」と、そんな彼らのファンになるファミレス店員の中浜里穂子(有村架純さん)、里穂子の妹・中浜つむぎ(古川琴音さん)が、思いもしなかった未知の「幸せ」と巡り合う姿を描いた本作。

松田ゆう姫さんが演じるのは、つむぎが働くスナック「アイビス」のママ・下條良枝役で、普段はやる気があるのかないのか分からない雰囲気ながら、ふと漏れる言動から人間の深みを見せるという役どころです。

「お話をいただき、やらない手はないと思いました。新しいことを始めるのは恐怖で不安だけど、心境の変化を楽しめる気がする。素晴らしいキャストとご一緒できることが夢のようで、うれしい気持ちと信じられない気持ちでいっぱい。この作品と共に、私にとって新しいことが始まることに、とても高揚しています」
引用)https://news.yahoo.co.jp/articles/7b949fcc771c6ad9c7a1a196a7b501850fd975ff

演技は本作が初めてという松田ゆう姫さんですが、新しいチャレンジにワクワクしている様子ですね。

ご家族からは「役柄を想像して、その人の空気を自分の中に定着させるといい」とアドバイスを受けたそう。

ご自身の20代後半の頃を思い返しながら、「マクベス」の3人や里穂子とつむぎがどう変化していくのかを見届けるのが楽しみという松田ゆう姫さん。

松田ゆう姫さん演じる良枝ママが、本作にどんなスパイスを与えてくれるのか楽しみですね。

豪華な家族構成

松田龍平さんが生まれたのは、言わずと知れた芸能一家。
そんな松田ファミリーの皆さんを、プロフィールと共にご紹介していきたいと思います。

父:松田優作(まつだ ゆうさく)
生年月日:1949年9月21日
出身地:山口県下関市
身長:183cm
血液型:A型

昭和の大スター・松田優作さん。
1972年から放送されたドラマ「太陽にほえろ!」のジーパン刑事や、1979年から放送されたドラマ「探偵物語」の工藤俊作で人気を博し、アクションスターとしても注目を集めました。

1989年、膀胱がんにより40歳という若さでこの世を去りましたが、没後30年以上経った現在でも多くのファンから絶大な支持を集めています。

母:松田美由紀(まつだ みゆき)
生年月日:1961年10月6日
出身地:東京都
血液型:AB型

10代の頃からモデルとして活躍し、1979年公開の映画「金田一耕助の冒険」で女優デビューされました。

ドラマ「探偵物語」で松田優作さんと出会い結婚。
松田優作さん亡きあとも、3人の子供たちを女手一つで立派に育て上げました。

現在は、女優業の他に写真家としての活動もされており、松田龍平さん、松田翔太さんが所属するオフィス作の代表取締役も務めています。

弟:松田翔太(まつだ しょうた)
生年月日:1985年9月10日
出身地:東京都
身長:181cm
血液型:A型
所属事務所:オフィス作

2005年3月に放送されたスペシャルドラマ「ヤンキー母校に帰る~旅立ちの時 不良少年の夢」で俳優デビューし、同年10月から放送されたドラマ「花より男子」の西門総二郎役で大ブレイク。

2007年にはドラマ「LIAR GAME」、映画「ワルボロ」で主演を務め、その後現在に至るまで数々のドラマ、映画、CMに出演し「2014年度CM好感度ランキング 男性部門」では第1位に輝きました。

妹:松田ゆう姫(まつだ ゆうき)
生年月日:1987年11月30日
出身地:東京都
身長:165cm
血液型:AB型

高校時代に3年間カナダで過ごし、そこで出会った友人たちの影響で音楽活動を開始。
2012年から始めたユニット「Young Juvenile Youth(ヤングジュブナイルユース)」でボーカルを務めています。

2015年にリリースされたEP「Animaiton」は、iTunesのエレクトロニック部門で7週連続1位に輝きました。

また、2021年4月7日からTOKYO MX「5時に夢中!」の水曜コメンテーターに就任しており活動の幅を広げています。

伯母:熊谷真実(くまがい まみ)
生年月日:1960年3月10日
出身地:東京都
身長:160cm
血液型:AB型
所属事務所:アワーソングスクリエイティブ

1978年、ロックオペラ「サロメ」のオーディションに合格して芸能界に入り、同年、ドラマ「十字路 第二部」でドラマデビュー。

1979年放送のNHK朝の連続テレビ小説「マー姉ちゃん」では、主演の磯野マリ子役を務め、1980年のエランドール賞新人賞を受賞しています。

義妹:秋元梢(あきもと こずえ)
生年月日:1987年7月27日
出身地:東京都
身長:165cm
所属事務所:レプロエンタテインメント

松田翔太さんの奥様で、お父さんは大相撲第58代横綱の千代の富士貢さんです。

友達の紹介でヘアサロンのカットモデルを経験したことで、モデル業に興味を持つようになりました。

東京ガールズコレクション、東京ランウェイなどの大型ファッションショーにも出演されており、2015年にOLYMPIA LE-TAN(オランピア ル タン)のショーに出演し、パリコレデビューもしています。

本当に超豪華な家族構成の松田ファミリー。
一度、ご家族の集合写真も見てみたいものですね。

松田龍平 プロフィール

名前:松田龍平(まつだ りゅうへい)
生年月日:1983年5月9日
出身地:東京都
血液型:B型
身長:183cm
所属事務所:オフィス作

小学生の頃からサッカーを始め、中学生時代は横河電機サッカークラブのジュニアユースに所属し、将来はJリーガーを目指していたという松田龍平さん。

そんなサッカー少年の松田龍平さんが芸能界に入ることとなったのが、中学3年生の時。

1999年公開の映画「御法度」で、主役を演じる俳優を探していた大島渚監督から直接出演依頼を受けことがきっかけでした。
「自分にできるわけがない」と思い、受験を理由に一度は断ったものの「それなら受験が終わったらできるか?」と尚も熱烈オファーを受け、断ることができずに承諾。

新撰組の男たちを翻弄する美男剣士・加納惣三郎役でスクリーンデビューをした松田龍平さん。
中学3年生の男の子とは思えない色気が漂っていますね。

本作での演技は高く評価され、ブルーリボン賞や日本アカデミー賞などで新人賞に輝きました。

この経験を機に「また映画に出たい」と思うようになった松田龍平さんは、2002年公開の「青い春」や2003年公開の「ナイン・ソウルズ」で映画出演する他、2009年にはNHK大河ドラマ「天地人」などドラマにも出演しキャリアを積み上げていきました。

その後、2013年公開の映画「船を編む」では、日本アカデミー賞・最優秀主演男優賞を獲得。

同じく2013年に、NHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」でヒロインのマネージャー・水口琢磨として出演すると、ぶっきらぼうながらも時には優しく時には熱くヒロインを支える姿が人気に。

その後も、2017年放送のドラマ「カルテット」や2018年放送のドラマ「獣になれない私たち」、永山瑛太さんとW主演を務めた映画「まほろ駅前多田便利軒」や、大泉洋と共演された映画「探偵はBARにいる」など話題作に続々と出演されています。

2021年4月13日からは、ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」で松たか子さん扮する大豆田とわ子の元夫・田中八作として出演。

とわ子との間に生まれた娘・唄の父親で、女性に自動的にモテてしまい、ときどき面倒なことに巻き込まれてしまう役どころを演じられています。

こちらも是非注目していきたいですね。

まとめ

松田龍平さんのご家族についてご紹介しました。

弟の松田翔太さんとは不仲なのでは?との噂もあるようですが、実際はそんなことはなく何でも話せる仲のいい兄弟のようですね。

妹の松田ゆう姫さんも女優デビューされ、これからも松田ファミリーにますます注目が集まりそうですね。

【関連記事】

【家系図】柄本時生の家族構成が豪華すぎる?!実は3姉弟だった!俳優・柄本時生さんが、女優・入来茉里さんと結婚したと嬉しいニュースがありましたね! 柄本時生さんの家族構成が凄すぎる、と話題になっ...
(Visited 23 times, 1 visits today)