清水尋也はハーフ?兄の尚弥も俳優でイケメン!演技がうまいと好評!

清水尋也

NHK朝の連続テレビ小説「おかえりモネ」に出演中の清水尋也さん。
おかっぱ頭にメガネという特徴的な風貌の役柄で、多くの視聴者から注目されている若手俳優さんです。

そんな清水尋也さん、整った顔立ちとミステリアスな雰囲気からハーフという噂もあるようですね。

また、お兄さんも俳優をされており、兄弟揃ってイケメンなんです!

そこで、噂されるハーフの真相や俳優をされているお兄さんのこと、また、多くのファンの方たちが絶賛する清水尋也さんの演技力について、調べてみました。

画像引用)https://www.instagram.com/p/CQp1n5dhw6U/

清水尋也はハーフ?

スラリと伸びた高い身長に小さな顔、そして中性的なルックスということからハーフなのでは?との噂もある清水尋也さん。

さらに、ネットなど一部の情報では「韓国人とのハーフらしい」といった具体的な国名まであがっているようですが、実際はどうなのでしょうか?

そこで、ご両親について調べてみると、お父さんは元ギタリスト、お母さんは元表現者としてエンタテインメントに関わるお仕事をされていた方だそうで、ご両親は共に日本人であるという情報が多く見つかりました。

それと共に、清水尋也さんがハーフであると決定づける情報はまったく無く、東京生まれ東京育ちの日本人であるという情報が多数見つかったことから、ハーフというのは単なる噂でしかないようです。

それにしても、清水尋也さんのどことなくミステリアスな雰囲気から「ハーフなのでは?」と噂されるのも、それはそれで頷けてしまいますよね。

端正な顔立ちと抜群のスタイルから「日本人離れしている」と言われることが多く、ヨーロッパ系のハーフと言われたら、それもまた納得してしまいそうです。

また、以前インタビューでスキンケアに対する質問をされた際には、韓国コスメを使っているとお話されている清水尋也さん。

撮影の現場だと食事がロケ弁当になるので、肌荒れは気にしていて、母親の化粧水を使ったりもします。母親と一緒に新大久保にもよく行くので、そこでフェースパックなど韓国コスメを購入して、使用しています。
引用)https://www.wwdjapan.com/articles/365068

さらに「韓国のアイドルに似ている」と言われたこともあったそうで、「韓国人とのハーフなのでは?」という噂は、そういったことからが広まったのかもしれませんね。

男性も女性も「ハーフ?」と噂をされる人は、美しい顔立ちの方が多く、清水尋也さんも美しさゆえにハーフと噂されることが多いようですが、「イケメン日本人」ということで間違いないようです。

兄の尚弥も俳優でイケメン!

清水尋也さんの4歳年上のお兄さん、清水尚弥さんも俳優として活躍されています。

そんな清水尚弥さんのプロフィールがこちら。

名前:清水尚弥(しみず なおや)
生年月日:1995年4月6日
出身地:東京都
身長:173cm
血液型:O型
所属事務所:アンブリンク

俳優デビューをされたのは12歳の時。
ドラマ「山田太郎ものがたり」(2007年 TBS)で、主人公・山田太郎(二宮和也さん)の弟、山田三郎役で出演されていました。

2012年公開の「からっぽ」では、映画初主演を果たしています。

その後も、映画「死んだ目をした少年」(2015年公開)、「独裁者、古賀。」(2015年公開)、「ある女工記」(2016年公開)の他、舞台版「惡の華」(2016年7月公演)でそれぞれ主演を務めており、最近では、2021年3月に公開された映画「きまじめ楽隊のぼんやり戦争」に出演されました。

実は、清水尋也さんが俳優への道を進むきっかけとなったのが、お兄さんの清水尚弥さんだったと言われています。

清水尋也さんが、兄・尚弥さんの初主演映画となった「からっぽ」の試写会を観に行った際に、当時の尚弥さんのマネージャーさんから「役者をやってみないか」と声を掛けられたそう。

しかし、撮影現場で怒られて泣いて家に帰ってきた尚弥さんの姿を何度か目にしていた清水尋也さんは「あんな大変なことはやりたくない」と思っていたんだとか。
事務所の演技レッスンにも半ば無理やり参加することになったそうですが、レッスンを受けているうちに「向いているのかもしれない」と思うようになってきたんだそうです。

こうして兄弟揃って俳優業をすることとなり、2015年公開の映画「ソ満国境 15歳の夏」では、兄弟での共演が実現しています。

清水尋也さんが反抗期を迎えた時にはよく兄弟げんかもしたそうですが、お互いのインスタグラムには兄弟で写る写真も投稿されており、その仲の良さが伝わってきます。

今ではすっかりイケメン兄弟に成長したお二人ですが、そんなお二人の小さい頃のお写真がこちら。

かわいい!めちゃくちゃかわいいですね!

お互いの出演作品に感想を言い合ったりするとしつつも、家では仕事の話は恥ずかしいからあまりしないそうなのですが、清水尋也さんは兄・尚弥さんを「バイブル的な存在」とお話しています。

兄がいなかったら僕はこの仕事をしていなかったので、僕のバイブル的な存在です。ライバルなんて恐れ多い。年齢と一緒で差は一生縮まらなそうですし、超えようと思わない。超えなくてもいいと思ってますね。
引用)https://thetv.jp/news/detail/129504/p4/

清水尋也さんにとってお兄さんは、俳優として尊敬し高め合うかけがえのない存在のようですね!

演技がうまいと好評!

2021年5月よりスタートしたNHK朝の連続テレビ小説「おかえりモネ」で、ヒロインの永浦百音(清原果耶さん)の先輩気象予報士・内田衛役として出演中の清水尋也さん。

どことなく頼りない雰囲気の青年ですが、合格率わずか5%と言われる気象予報士試験に一発合格し、気象予報データから風を読み解く力に長けているという役柄です。

8月10日放送の第62回では、そんな内田くんが実は高校生時代にモデルをやっていたというエピソードが明かされ話題になりました。

おかっぱ頭にメガネの内田くんとクールなモデル姿の内田くんのギャップに一同騒然というシーンでしたが、清水尋也さんご自身もまた、演じる役柄によってまったく違う人物に見えると、その演技の振り幅の大きさが注目されているんです。

ドラマデビューとなった「高校入試」(2012年 フジテレビ)では、同級生に執拗なイジメをする沢村翔太役で出演。

2014年公開の映画「渇き。」では、逆に壮絶なイジメを受ける役を演じました。

続く2015年公開の映画「ソロモンの偽証」では、転落死した生徒に対する殺害容疑をかけられてしまう不良生徒・大出俊次役を演じています。

そして、2018年公開の映画「3D彼女 リアルガール」では、金髪のチャラ男・高梨ミツヤ役に挑戦。

2018年放送のドラマ「anone」では、不治の病に侵されている青年・紙野彦星役を好演。

さらに、2021年7月公開の映画「東京リベンジャーズ」では、左手甲に「罪」右手甲に「罰」のタトゥーを入れ圧倒的威圧感を漂わせる悪役・半間修二役を演じています。

これまで、イジメる側とイジメられる側、そして、不治の病に侵されている儚げな青年役や威圧感漂う悪役など、正反対とも言える様々なキャラクターを演じ分けている清水尋也さん。

Twitterでは、同じ人が演じているとは思わなかったという驚きの声も寄せられています。

演じられるそれぞれのキャラクターにハマりすぎていて、本当の清水尋也さんってどんな人なの?と思わせるくらいの演技力は、多くのファンの方を驚かせているようですね。

ところで、そんな清水尋也さんが目標としている俳優さんっていらっしゃるんでしょうか?

いません。目標にしたら、コピーにしかなれないと思うので。そうではなく、目標とされるような人になりたいです。将来、「清水尋也のような役者になりたい!」と思ってもらえるよう頑張りたいです。
引用)https://www.cinematoday.jp/page/A0005912

誰かを目標にするのではなく、いずれ自分が目標にされるようになりたいとお話されている清水尋也さん。

これからも、私たちがまだ見たことがない清水尋也さんのいろいろな表情をたくさん見せてくれそうですね。

清水尋也 プロフィール

名前:清水尋也(しみず ひろや)
生年月日:1999年6月9日
出身地:東京都
身長:186cm
血液型:O型
所属事務所:オフィス作

2012年に俳優デビューされて以来、数多くのドラマや映画に出演されてきた清水尋也さん。
2018年には、ドラマ「anone」で演じた紙野彦星役のミステリアスな演技が高く評価され、「第11回コンフィデンスアワード・ドラマ賞 新人賞」を受賞されました。

続く2019年にも、映画「貞子」(2019年5月公開)、「パラレルワールド・ラブストーリー」(2019年5月公開)、「ホットギミック ガールミーツボーイ」(2019年6月公開)での演技が評価され、「TAMA映画賞 最優秀新進男優賞」を受賞。

2021年6月公開のアニメ映画「映画大好きポンポさん」では、主人公・ジーンの声優にも挑戦されています。

また、抜群のスタイルを活かしてファッションモデルとしても活躍されている清水尋也さん。

さらに、その他にもアーティストのMVにも出演されています。

・King Gnu「The hole」(2019年)

・BUMP OF CHICKEN「Gravity」(2020年)

どちらも1本の映画を観ているような満足感があり、セリフがないにもかかわらずいろいろな感情や世界観が伝わってくる作品になっています。

このように、様々な舞台で活躍されている清水尋也さんですが、演じている役としてではなく、清水尋也さんご自身がお話されているところを見る機会ってあまりないですよね。

そんな清水尋也さんが、2018年9月公開の映画「3D彼女 リアルガール」のジャパンプレミアに登場された際の動画がこちら。

飾らず明るいフレンドリーなキャラで、共演の皆さんからも愛されているのが伝わってきますよね。

そして、こちらは現在放送中のNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」のオフショット。

物語の中で演じられている内田衛について、天気で例えると「くもりと見せかけて晴れ」とお話されている清水尋也さん。

清水尋也さんご自身も、静かでクールに見える部分もあり無邪気な笑顔を見せる部分もあり、内田衛の「くもりと見せかけて晴れ」に近いイメージがあるように感じました。

これからも様々な舞台でいろいろな表情を見せてくれそうです!

まとめ

端正な顔立ちとミステリアスな雰囲気からハーフなのでは?という噂も囁かれている清水尋也さんですが、東京生まれ東京育ちのイケメン日本人であることが分かりました。

現在まだ22歳という若さながら、演じる役すべてがハマり役のように見えてしまうその演技力は、これからも活躍の場を大きく広げていきそうです。

お兄さんの清水尚弥さんとの共演にも期待しつつ、今後も清水尋也さんに注目していきたいですね!

【関連記事】

【おかえりモネ】野村明日美役・恒松 祐里は元子役!ドラマに引っ張りだこ!代表作は?

「おかえりモネ」主役・脇役キャスト紹介!あらすじや評判もチェック!

菅原小春はパプリカの振り付け師で世界的有名ダンサー!

(Visited 47 times, 1 visits today)

永野芽衣 Previous post 永野芽衣の出演ドラマは?るろうに剣心に出てた?子役時代がめちゃかわいい!
山田孝之 Next post 山田孝之の昔が可愛すぎる!出演作品の代表作は?髭はいつから?
メニュー